RSS
Admin
Archives

マグ・メルへ行く舟

プロフィール

ゆ鳥

Author:ゆ鳥
いろいろなことに手を出してる絵描き。
UTAU音源なないろニジの中の人をしています。
所持ボカロKAITO



スイミー
Twitter
ニコニコ
TMBOX
SoundCloud

pixiv
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.02
17
Category : 未分類
原音設定の行数が多くなりすぎるとUTAUが落ちます。
これのせいで音源をどんなにたくさん作ってもpresampなしで全て併用することはできません。

しかし!「oto.ini」の読み込みの限界を超えるから落ちるのです!「oto.ini」の行がオーバーしなければいいのです!


フォルダ数も、周波数表にも読み込み限界はいまのところみつかっていません。


つまりどういうことかというと
まず表情音源のフォルダを普通の多音階音源と同じように全部子フォルダにもってきます。
1.png
フォルダ数に限界はないのでいくらあってもいいです(32制限説はしにました)



UTAUは「oto.ini」というファイルだけ読みこみます。
なので別の名前がついてたら無視してくれます。
2.png
原音設定がきちんとされているファイルを「oto_original.ini」
空っぽのファイルを「oto.ini」
という名前にしました。

oto_original.iniに原音設定のバックアップをとっておいて、oto.iniの設定を消し去って音源が存在していても行を読み込ませないようにして読み込み限界をちょろまかしているというわけです。
この状態でUTAUの原音設定窓を開くと、周波数表と原音は読み込まれているので原音設定もできますし再生もできます。



使うときはどうするかというと
oto_original.iniの名前をoto.iniにリネームすればそのフォルダの音源が使えるようになりますし、それをやっていくとすぐ読み込み限界がやってくるので、使うフォルダの使う行だけoto.iniにコピーしてきます。
3.png


UTAUを起動しっぱなしでも、原音設定のリロードをすれば
7.png

出てきます
4.png

UTAUの標準機能をつかってるので、プロパティで先行発声やオーバーラップもいじれるので、拡張エンベロープエディタもこのとおり(クロスフェードの範囲を変更しています。)
5.png
6.png



でもこれ人力だととっても大変なので何らかの支援ツールがあったらもっと楽なんじゃないかなと思うんです

あったらいいなと思うのはこの3つ

①ustに入力されている添え字からmulti-prefix.mapを適応させて↑の手順を踏んでoto.iniの行を移動させてくれるツール
②ust上に存在しないoto.iniの行をoto_original.iniに追いやるツール
③音素選択プラグイン
8.png
shift右クリックを見やすくしたようなこんなプラグイン

①は複数音にまたがった音素選択に有効で
③は複雑な操作が可能です



9.png
ust上に入力されているノート
その音階

録音形式絞込みチェックボックス
固定…ustのノートそのものの(この場合は「e て」だけ)表情音源を表示する
VCV…入力ノートが「て」だけでも「e て」も出す
CVVC・・・「e t」「て」を出してくれたらいいなと思うけどノートのCVVC化まで頼むと難しそう
CV・・・「て」が入ってるものなら全部
VC・・・VCのノートのときに「e た」とか「e と」とかも出してくれる

multi prefix適応ボタン
真ん中のエリアと右のエリアをmulti prefix用のprefix.mapから判断して選択してくれる

再生ボタン
選択した音の原音設定から、右ブランクから左ブランクまでを再生してくれたら最高だな~~!!



プログラミングはできないからどのくらい実現可能なのかはわからないですけど機能としてはこういうのがほしいです~!!!
是非ご検討ください
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。